抗がん剤の副作用の症状とは|辛い症状を避ける方法

注目の遺伝子治療

聴診器

がんを根本から治療できる

抗がん剤治療は、どうしても副作用の心配がついてまわります。そのため、人によっては抗がん剤治療を避けたいと考えるでしょう。そういった人におすすめしたのは、遺伝子治療です。この治療は、抗がん剤治療に比べると副作用はとても少なくて、がん細胞を減らすのに高い効果を期待できる最新のがん治療になります。元々は、他の先天性の難病を治療する為に研究が始まったのですが、他の病気にも効果を期待できることがわかったことから、がん治療としても研究が進められています。どうして効果があるのかといえば、がん細胞は傷ついた遺伝子や異常な遺伝子がダメージを受けたことで発生・増殖します。そのため、遺伝子を正常に戻せばがん細胞は自然と消えていくということに繋がります。ですから、遺伝子治療を行なうことで根本から治療できるようになりました。

副作用が少ない理由

遺伝子治療は、抗がん剤に比べるととても少ないといわれています。その理由は、患者自身の正常な働きをしている幹細胞を体内から取り出して増殖させます。増殖した細胞によって作られた治療用のウイルスを体内へ注入すれば、体内で遺伝子が正常に働きだして、今までがん細胞で作りだせなかったタンパク質を作れるようになって病気を治せます。そのため、自分の細胞を利用して治療を行なうので副作用が起こりにくいのです。それに、安全性も高いですし、末期がんだと申告された患者にも効果を期待できる治療法として注目されています。