抗がん剤の副作用の症状とは|辛い症状を避ける方法

がんの代替療法

相談

免疫力をアップできる

がんの治療は、抗がん剤を始め副作用が強いものが多いです。ですが、副作用が強くても治療は受けないとがん細胞をやっつけることはできないですよね。そういった人におすすめしたいのは、がん治療と同時に進める代替療法の漢方薬です。漢方薬は、直接がん細胞へ攻撃することや病巣を除去することはできません。そのため、がん自身に直接効果がある治療とはいえません。しかし、身体の免疫力を上げる効果や栄養、代謝の上昇などといった働きを活発にすることができます。そのため、がんに対抗する為の治癒法としては良いといわれています。
一番漢方薬で注目したいのは、免疫力をアップさせることです。がん細胞を攻撃する物質の生成を促進させることもできますし、がん細胞自体に攻撃する力をアップさせることができます。

他の治療の副作用を軽減

漢方薬は、ただ免疫力をアップさせるだけではありません。実は、抗がん剤治療など他の治療の副作用で起こっている症状を軽減させることもできます。特に抗がん剤治療は、副作用が強いことから漢方薬と同時に進めることが推奨されています。そうすることで、抗がん剤の副作用が緩和されて辛い思いをしなくてもよくなります。他にも、がんの手術をした後の回復力を高めるにも漢方薬は有効になります。がんの手術後は、身体の状態が安定していないので、免疫力などを上げて治癒力をアップさせることができるので漢方薬の効果が必要なのでしょう。