抗がん剤の副作用の症状とは|辛い症状を避ける方法

どんな症状が起こるのか

医者

効果が高い薬

がん治療と聞けば、一番に頭に浮かぶのは抗がん剤ではないでしょうか。抗がん剤は、がん細胞を死滅させることができますし、抗腫瘍作用があるので悪性腫瘍を除去できる薬になります。しかし、高い効果を期待できる反面、副作用がとても強いことも事実です。起こる副作用も、身体的にとても辛い症状がありますし、精神的に辛い症状でもあります。そのため、人によっては抗がん剤治療を避けたいと思うでしょう。ですが、どの治療がいいのか、どの抗がん剤がいいのかという判断は医師にしかできません。ですから、副作用と上手く付き合ってがんを治療していくしかないでしょう。

副作用で起こる症状

抗がん剤の代表的な副作用は、いくつかあります。それは、吐き気・嘔吐、白血球・血小板減少、脱毛、下痢、しびれ、出血などがあります。どうしてこれらの副作用が起こってしまうのかといえば、身体に刺激が強い成分が含まれているので、それに刺激された部分によってこれらの症状が起こってしまいます。この中でも、抗がん剤治療で辛いといえば脱毛でしょう。特に女性は、髪の毛が抜けてしまうことで精神的なショックを受けてしまいます。最近では、医療用の高性能のウィッグがありますが、それでもやはり髪の毛が抜けてしまうのは辛いものでしょう。しかし、最近は抗がん剤と共に処方される薬によって、脱毛を始めとする副作用の症状を緩和させることができます。また、新しい治療法も確立されてきているので、抗がん剤以外の治療を受けることも可能になっています。

聴診器

注目の遺伝子治療

抗がん剤の治療は、副作用が心配だという人は多いでしょう。そういった人におすすめしたいのは、がんの最新治療である遺伝子治療です。これは、がんを完治させられる治療のひとつです。